幼児期にどもりの原因があるの?

幼児期にどもりの原因があるの?

 

 

今までにどもりの原因として「遺伝」や「呼吸」、「左利き」や「厳しい躾」など様々な事が言われていますが、本当にこんなことが、どもりの原因なんでしょうか?

 

 

どもりの原因というのは医学的にハッキリと定まっていないようですが、おおよその意見として幼児期の環境に因果関係があると言われています。

 

 

幼児がどもってしまうのは、さほど珍しい事ではありません。
他の成長と同じように、言語の発達に関しても、まだまだ発達時期で未熟な時期です。
割合としては、幼児の1割とも3割とも言われていますが、思っているより多いのが現実です。

 

 

多くの幼児は、その成長と共に言語も発達し、どもりも自然と解消されていくようです

 

 

しかし、中にはどもりが解消されずに大人になってからも、どもってしまう人もいます。
大人になってからどもってしまう人は非常に稀なことだそうです。

 

こうなると、どもりの原因を知った所で、その原因そのものを改善する事はできません。
多くの人は、どもりが嫌で人とのコミュニケーションに自信がなくなっていると思います。

 

 

どもりは治らないと言う方もいるので、ほとんどの人がどもりを改善する事を諦めているのではないでしょうか?

 

しかし、どもりは治るんです

 

 

というか、治るのではなく、「いつの間にかどもりがなくなっている」とう状態にする事が出来るんです。
自宅で簡単に出来るトレーニングでどもりを治す事が出来るなんて信じられないかもしれません。

 

どもりの治療に関しては、専門の医院に通わなければいけません。
費用も高額になってしまう事がほとんどで、期間も長い期間が必要になります。

 

 

 

しかし、【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムは、脳が持つ潜在意識を新しい物に変えてしまうプログラムです。
たったの6週間で気が付くと、どもりがなくなっているといういう、画期的なプログラムです。

 

 

幼少期の原因で諦めてしまった、どもりを今から治せるチャンスです。

 

 

>>6週間のチャンスを吃音(どもり)プログラムで試してみる