大人のどもりの原因とは?

大人のどもりの原因とは?

 

どもりの原因は様々あると言われ、科学的に証明されているが少ないのが現実ですが、
大人のどもりの原因と、子供のどもりの原因には確かな差があります。

 

 

子供の場合は成長の途中なので、言語能力があまり高くありません。
そういった意味では、ある程度、どもってしまっても当たり前の事なのです。

 

 

しかし、大人になってからもどもりが治っていない人や、悪化している人にはある共通点があります。
それは、自分がどもっている事を自覚していて、必要以上に意識をしていまっている事です。

 

人と話をしなければいけない場面、しかも緊張している時などは、余計に「自分はどもっている
と意識している事が、本当にどもってしまう原因です。

 

大人のどもりはストレスや発達障害が原因とも言われていますが、本当にそうでしょうか?
仮に原因がそうだとして、改善する事が可能なのでしょうか?

 

 

答えは、どちらも違います。

 

 

先ほど、上にも書いたように大人のどもりの原因は、どもりを強く意識している事で、
より酷い症状が出ます。

 

簡単に言えば、意識をする事さえなくなれば、どもりの大半はなくなるのです。
考えてみて下さい。あなたは独り言を喋る時にどもりますか?

 

どもりに悩んでいる方でも、ほとんどの人が独り言でどもる事はありません。

 

どもりを意識しなければ、大人の場合どもる事はないのです。

 

 

しかし、意識をしないという事が簡単なようで、難しい。。。
なんてレベルではありません。

 

自分が気にしている事を、「意識的に意識しない」というのは矛盾しており、不可能です。

 

 

では、どうすれば大人のどもりを改善する事が出来るのか?

 

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

 

こちらのプログラムは、呼吸の矯正や、単純な心理学のプログラムではありません。

 

『人間の認識』を変えることできるプログラムです。

 

どもりに悩んでいる大人の方が、たった6週間で気付かない間にどもりが治ってしまうというプログラムです。

 

 

>>意識しないでどもりを治したい方はこちらから試してみてください。