2歳児・3歳児に見られるどもりの原因

2歳児・3歳児に見られるどもりの原因

 

子供を持つ多くの親が経験する、子供のどもり。

 

最初は子供が言葉を覚え、話始める事を嬉しく思いますが、
意思の疎通が出来るようになり、使える単語が増えてくる2歳〜3歳ごろに突然始まる「どもり」

 

多くの親が過剰に心配してしまいます。
3歳児検診などで相談する人がとても多いようです。

 

医師の回答は大体、「問題ないので自然に治るのを待ちましょう
になると思います。

 

 

それも当たり前と言えば当たり前です。
結果を見ると、2歳〜3歳の子供に現れるどもりは、一時的な事が大部分ですぐに治ってしまいます。
個人差はあるようですが、数週間から数か月といった短期間で治ってしまう子供も珍しくないようです。

 

 

では、2歳〜3歳の子供に見られる「どもり」の原因とは何でしょうか?
どもりの原因自体が、ハッキリと解明されてはいませんが、2歳〜3歳の子供に見られるどもり原因は
言葉を覚えている途中だからです。

 

簡単に言うと、言語発達の真っ最中だから起こるどもりだと言えます。
覚えたての言葉が増えて、喋りたい事が実際の口の動を上回っている状態です。

 

全てに当てはまるケースではありませんが、一般的に発達の早い子供によく見られるケースだそうです。

 

 

しかし、注意してもらいたいケースがあります。

 

 

それは両親のどちらか、または両方が吃音症の場合、子供がどもってしまう確率が6割にもなるそうです。
環境として、どもりが身近にある訳ですから、自然と治るよりも、治らずにずっとどもったままという事もあります。

 

2歳〜3歳の子供のどもりの原因はあまり神経質になる必要はありませんが、
両親にどもりがある場合は対策が必要です。

 

対策とは、2歳〜3歳の子供に対する対策ではありません。
両親に対する対策です。

 

 

こちらの【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム
は6週間のプログラムなので、子供の言語成長に悪影響を与える前に改善できてしまいます。

 

 

>>子供が生まれる前、子どもがお話を始める前にどもりを改善する